国鉄時代に共同出資した日本テレコムが、紆余曲折をへてソフトバンクの傘下に入ることになり、所有している株式をすべて売却せよとJR東日本から指示がきた。
巨額の売却益が生じるが、ほっておくと税金に持っていかれる。

考えた末に、90周年を迎える東京駅を祝い、併せて鉄道会館の、黒塀横丁、キッチンストリート、ギーニョギーニョ、ルビーホール、日本橋口ビル、コンシェルジュ、ブレイク、アージュ、きれいなトイレなどの事業を単なる広告ではなく東京駅をとりまく文化として周知させるキャンペーンを行うことにした。

ジェイアール東日本企画(私が作った!)と相談して、2004年10月1日から12月14日までの期間、「I LIKE TOKYO STATION」を行ったのだ。

「I LIKE TOKYO STATION」と題した写真集、A4カラーで60頁に及ぶ東京駅賛歌、これをつくるために、私は毎朝7時からJ企のスタッフと打ち合わせをした。
辰野金吾がどんな思いで東京駅を作ったか、東京駅はどんな駅でなければならないか、その思いのなかで鉄道会館はどんなことをしているか、、。
写真をすべて(駅長の写真を除いて)さかさまにするという、若いクリエーターの提案を採用した。
新しくなればいいってもんじゃないんだ。
かっこよくなればいいってもんじゃないんだ。
大好きになってもらえるような気持の
入った駅じゃないとだめなんだ。
そういう駅なんだ東京駅は。
これが一ページの冒頭にあって、最後のページは、次のようになっていた。
日本一お客様第一の
駅じゃないとね。
東京駅ですから。
これを4千部ほど作ってbreakで配った。
首都圏各線にADトレイン(車体広告)を走らせ、地方駅もふくめて大きなポスターを貼りだした。
私鉄・地下鉄の駅にもポスターを貼った。
週刊文春、読売新聞に、出久根達郎、佐藤愛子、小川洋子、久世光彦の東京駅にまつわるエッセイを載せた。
TOKYO一週間、トランヴェール、フォーブス、日本経済新聞、散歩の達人、サンケイスポーツ、交通新聞、週刊漫画タイムス、スポーツニッポン、WEEKLYプレイボーイ、週刊文春、広告批評、ブレーンなどにも関係する記事を載せた。

東京駅BREAKで、クイズをやり、「辰野金吾伝」を配布した。

いったい何億円かかったか、たまたま「キャンペーン実施報告」が手元にあったので、項目だけ書いてみたが経費は載っていない。

このキャンペーンが終わった頃か、正確な名前は忘れたが「鉄道会館祭り」として、「どんな贅沢な材料を使ってもいい」と東京RB商事のスタッフに云って、ご馳走山盛りの屋台などを出し、いろんな資料を展示したりして、知っている関係者のほとんどを招待するイベントもやった。

来客が帰ったあと、誰かが言い出して、社員だけでなく子会社の人たちも集まって残ったご馳走を食べ、大いに飲んで騒いだ。
今は夢のような出来事だった。