鉄道会館をやめて日本ホテルの常勤監査役になった。
グループ会社の新任監査役、30人もいただろうか、合宿して監査役のイロハの研修を受けた。
みずほ監査法人から来た講師の話が面白くて、もう少し前に聞いていれば監査の勉強を本気でやるという選択肢もあったかと思った。
とはいえ、私は役人にならなかったのは、彼らの仕事を一種虚業のように感じたからもあって、やはり実業が好きなのだ。

私が赴任した日本ホテルは、池袋のメトロポリタンホテル、飯田橋のエドモントホテル、東京のステーションホテルの三ホテルを統括する親会社のような位置づけであった。
しかし、それが私が着任する直前の「再編成」で、日本ホテルとメトロポリタンホテルが同一法人のようなへんてこな形になっていた。
日本ホテルの社長とメトロポリタンの総支配人の関係があいまいで、あまりにも変な形だったので具体的な形を思い出そうにも思い出せないのだが、その形ではそれぞれの責任を誰がどこまで負うのかが明確でないのが最大の問題だった。

その頃、房総半島に大きな地震があって、私はたまたま内房線佐貫町にいたのだが、そこから日本ホテルの当直に電話してお客様の状況やエレベーターに異常がないかなどを尋ねたが明確な返答がない。
あとで訊くと日本ホテルの社長の自宅(休日だった)に、地震の情報がはいらなかったという。
これは、へんてこな体制のせいで責任体制が不明確だったために起きたことだ。

そのほか、業務運営についても不都合が多い。
日本ホテルの社長や事業創造本部から送り込まれた専務に、その問題点を再三指摘して、早く体制をスッキリしたものに是正せよ、と言ったが、一向に動く気配がなかった。
その専務自身が、へんてこな体制を作った当事者だったからでもあるが、およそ組織運営にともなう責任の所在を明らかにするということの重要性を理解できないのには驚きもした。

しょうがないので、JR東日本本社の常勤監査役が主宰するグループ会社監査役会議(月一度)の席上で、なんどか問題提起をした。
やがて佐々木副社長から「昼めしをご馳走するからきてくれ」というので、出かけていくと、小会議室で食堂から取り寄せた弁当を食わせて、ホテルの組織の問題について聞かせてくれというのだった。
図に書いて、縷々説明したら、ようやく理解してくれて組織改正をした。